2008年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11/12 (Wed)

【第四章】頼むから出るなら出ると言ってくれ アバドン王壱周目10【中篇】

どうも今晩は。羽根付き帽子です。
祝・10000hit!!
いつもありがとうございます。
コンゴトモヨロシク・・・


ということで今回は「アバドン王壱周目」第四章中篇を振り返ります。
てか、やっぱり文字に色付けるのやり過ぎなのかもしれませんね。
前回の記事の画像もケータイで上手くできないし。

ネタばれ防止に畳みます。
スポンサーサイト

テーマ : デビルサマナー葛葉ライドウシリーズ - ジャンル : ゲーム

23:30  |  葛葉ライドウ対アバドン王  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.11/12 (Wed)

11月10日に「女神異聞録デビルサバイバー」の公式サイトがオープンした訳だが

さて、色んな人がもう知ってるかもしれませんが、
っていうかとっくに様々な人が記事にしている訳ですが。
11月10日に『女神異聞録デビルサバイバー』の公式サイトがオープンしたプロセスですよ。
女神異聞録デビルサバイバー公式サイト(http://ds.atlusnet.jp/)

流石に「アバドン王」の時のように「ALL近日公開」では無いです。安心安心。
今回更新されてたのは「最新情報」「製品情報」「ストーリー」「スペシャル」の項目。

「最新情報」はアトラスネットに飛ばされるだけなのでまあ、良いとして。
「製品情報」から読んでいこうと思います。

タイトル名:女神異聞録デビルサバイバー
ジャンル:シミュレーションRPG
対応機種:ニンテンドーDS
発売日:2009年1月25日 予定
希望小売価格:5229円(税込)
CERO年齢区分:B区分(12歳以上対象)


とのこと。
CEROがってことは、「ライドウ」より下って事ですか。
まあ、ライドウは下ネタとか血飛沫とかありますからね。
DSでの発売ですし、幅広い人が手に取れるようにということなのでしょう。

「ストーリー」
公式サイトの説明より。

突如、封鎖された首都東京。
そして、街にあふれ出す異形の“悪魔”。
日を追う毎に悪化してゆく封鎖内の状況、
立ち向かう力を持たない人々を襲う“悪魔”達。
かつて無い恐怖にさらされる人々。
生き残る為に悪魔と契約し戦え!
残された時間は、あと7日。

極限状態に置かれた人々の葛藤と選択を
ドラマチックに描くシミュレーションRPG。


こちらはアトラスネット製品カタログより引用。
女神異聞録デビルサバイバー[DS][シミュレーションRPG]|アトラスネット・製品カタログ(http://www.atlusnet.jp/catalog/detail/267)

”悪魔“と契約し、生き延びよ!
突如、バリケードによって外界から隔離された東京。
破壊された首都高、カットされたライフライン。
そして、突如出現した”悪魔”たちによって、人々の恐怖は最大限まで加速する。
主人公たちは゛悪魔゛と契約することで、暴徒と化した人間達、迫り来る悪魔の恐怖と戦うための力を手に入れることになる。
極限状況下で、様々な立場の人間たちの思惑が交差し生まれる゛葛藤゛。
悪魔を使役し、生き延びるために、戦え――!


悪魔を“使役”では無いんですね。
まあ、サマナーではないので当然と言っちゃ当然ですが。
“契約”かー。
“悪魔との契約”って危険な響きですよね。

同時に「ストーリー」の項目ではPV第一弾が公開されてました。
ただしゲーム画面やキャラクターのイラストは無し。
東京の街の実写がメインのPVです。
それで気になったことを幾つか。
赤い空に大きな目のようなものが開いていく演出良いですね。
やっぱりアレは目なんですね。
個人的には.hack//sign1シーン思い出しました。関係ない話っすね。
・「平穏な日常に悪魔は刻々と忍び寄る」ってことは、
悪魔を排除することが目的なんだろうか。
そういうことだよな?
偉い感じの悪魔はともかく、そこらの野良悪魔の考え方が分かんないとストーリーがつかみ難いですね。
・「極限状態に置かれた人々の選択と葛藤の物語」とのこと。
上で書いたストーリー説明にも「葛藤」って出てきますよね。
どのくらい登場人物がパニックになるかが気になります。
・「その瞳に映る、残された昼と夜の“数”を恐れよ」だとさ。
あの空の目が鍵なんでしょうね。
やたらと7日という制限時間を強調してるし、話としては短い間の話なのかもしれません。

「スペシャル」では壁紙が一枚公開されてました。
赤い東京上空の目の壁紙です。
赤いです。インパクト大。目は疲れそうですがw

そうそう、『デビルサバイバー』関連としては、
アトラスネットのクリエイターワークスの土屋氏のブログに良い感じに情報が載ってます。
音職人のつぶやき Vol.29(http://www.atlusnet.jp/topic/detail/728)

要するにメガテンファンの方にもそうでない方にもプレイしてみて頂きたい、両者の架け橋となり得る作品となると、
メガテンであってメガテンでない、「女神異聞録」こそ相応しいのではないか、
とこれは私の個人的な感想ですが、皆様如何でしょうか?


この発言は今回の新シリーズのスタンスを表していると思います。
シミュレーションは暫らく出していなかったですからね。
シミュレーションの(どちらかというと)ライト層を引き込みたいという狙いの様ですね。
絵も取っ付きやすい感じですし。

プレイしてみた個人的な感想としては、異聞録だけあってゲームシステムは全然違うSRPGなのに、
間違いなく現在のペルソナシリーズよりメガテンに近いな~、という感触でした。
悪魔が跳梁跋扈する封鎖された東京、混乱と狂気に囚われる群衆の中に、COMPを操り悪魔を従えて起つ者あり…
長らく空位だった「女神異聞録」の冠を戴くに相応しい、看板負けしない作品が誕生したんだな、と納得した次第です。


開発90%の状態でプレイしたってことは、最後の調整期間なんでしょうね。
現在のペルソナシリーズよりメガテンに近いということは、まさに異聞録、罪と罰の頃に似てるということですよね?
まさに女神異聞録という区分ということですか。
話、暗いと良いなー。

主人公の幼馴染・ユズはメガテン史上最巨乳ヒロインだと思われます!
ぱいーん。
(P4の大谷花子さんなら勝てるかも知れませんが)
その辺もご期待ください!!


確かにおっきいな。
ほら、ヤスダさんって巨乳好きそうじゃん。てか巨乳キャラ多いじゃん。
ないすばでぃですよ。健康的な訳です。良いじゃないですか。
(個人的には並くらいが好きです。千晶様くらい。伽耶ちゃんくらい。)
(あれを並と言っては不味いですか?くっ…とか言われちゃいますか?)

デビサバスレもいい感じに荒れてるようですし、期待はされてるということですね。
ここでSLGの層を獲得できれば確かに心強いですからねぇ。
新作が売れにくい昨今、頑張ってほしいところであります。


以下、ため込んでいたコメントへのお返事。

テーマ : 女神転生・ペルソナ - ジャンル : ゲーム

01:22  |  ゲームのニュース  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。