2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.08/30 (Sat)

葛葉ライドウ対アバドン王 システムの頁更新

ちょっと目を離した隙に更新してたぜ。
とはいっても内容もスクリーンショットも既出のもの。

今回の更新では「MAGスケジューリングバトル」「悪魔会話」「二体同時召喚」の項が追加されました。
どれも前説明したものです。
引用して個人的に読み解いてみます。


MAGスケジューリングバトル
MAGスケジューリングバトルとは、本作から導入されたバトルの新システム。
MAG(マグ)とは仲魔(悪魔の仲間)が特技を使うのに欠かせないエネルギーのこと。
仲魔の特技は、敵をなぎ倒す強力な攻撃であったり、
味方を回復したりするなど、どれもバトルに欠かせないものばかり。
だが、MAGの量は限られている。
特技を使い続ければ、いずれMAGは底をついてしまう。
本作では、バトル中に敵からMAGを奪うことが可能である。
これがMAGスケジューリングバトルである。
敵の弱点を考慮し、仲魔に上手く特技を使わせていれば、
敵からMAGを奪い放題となり、場合によっては、好きなだけ特技を連発出来るようにすらなる。
MAGの駆け引きが、本作のバトルを一層”熱い”ものにする。


ここで気になったのは、『MAG(マグ)とは仲魔(悪魔の仲間)が特技を使うのに欠かせないエネルギーのこと。』という説明。
MAGって超力ライドウ(他のシリーズでも)だと、『現実世界に実体を得る際に必要なエネルギー媒体』のはずでした。
今回は特技を使うためのエネルギーだそうですし、戦闘の画像でもMPのゲージが無くなってるように見えます。
つまりMAG=MPのようなものと変わったんですかね?
更に弱点を突くとMAGを奪えて、たくさんスキルが使えるようになるとのことなので、
プレスターンバトルのような要素も入っているのだと思います。
あとテンションを表すオニマークも見受けられなかったので、
テンションが上がるような行為(弱点を突くとか)がMAGを奪える行為となるのでしょう。
MPを戦闘中に気にしなくて良くなるのだろうか。
それは戦略的な戦闘になりそうで楽しみかもしれないです。
(とはいえ正式発表ではなく、現時点での情報から羽根付き帽子が導き出してみた考えですから、
発売するものと異なる可能性があるのでご了承ください。ご注意ください。)


悪魔会話
デビルサマナーには、仲魔の存在が欠かせない。
敵の悪魔を仲魔に引き入れてしまうのが、悪魔会話である。
バトルで出現した悪魔と上手く交渉できれば、悪魔は仲間となる。
交渉を上手くはこぶには、敵の機嫌をとって、なだめすかしたり、要求するアイテムをプレゼントするなど、
言葉の駆け引き
が欠かせない。
また本作では、仲魔にした悪魔が交渉を有利にするため、フォローしてくれることもある。
話術と仲魔を駆使し、最強のデビルサマナーを目指して欲しい。


この項目で気になったのは、先ず『要求するアイテムをプレゼントするなど、言葉の駆け引きが欠かせない。』というところ。
要求するアイテムをプレゼントするというのは今までの作品でもあったと思います。
MAGとか金とかマッカとか、傷薬に魔石を要求されました。
持ち逃げも良くされましたw
今回魔封システムの代わりに悪魔会話が入るのですが、
どうやったら会話に持ち込めるのかとかはまだ分かっていませんね。
(超力では弱点を突いて固まってるとこをボタン連打で捕まえてました。)
またアトラスネットの山井一千氏の「闇ぃ日記 第17回」(http://www.atlusnet.jp/topic/detail/652)で
『細かな点では、ライドウ君のマップ移動の速度を速めたり、アイテム所持数の上限を見直したりなどなど、とにかくゲームをプレイする上でのストレス排除に努めました。』とあるので、
超力の時に比較的貴重だった回復アイテムたちも、ポンポン悪魔にあげれるようになるのかもしれないですね。

あと『仲魔にした悪魔が交渉を有利にするため、フォローしてくれることもある。』ともあります。
これは真3のように「同族のよしみ」とか「恐喝」とかでサポートしてくれるのですかね?
ファミ通の画像でもシヴァ&ヴィシュヌが交渉(脅しですよねw)をしているものがあったので、
神話のエピソードに由来する特殊な会話なんかもありそうです。

二体同時召喚
本作では、バトル中に召喚できる仲魔が二体に増えた。
これにより、攻撃を重視したパーティを編成したり、回復や補助に重きを置く編成をとるなど、
バトルの戦略性が前作から大きく向上しているのだ。
MAGスケジューリングバトルと合わせて、本作のバトルをより奥深いものにする要素である。
一体召喚しようが、二体召喚しようが、コストもペナルティもない。
状況に合わせて好きなように仲魔を召還し、
強敵に挑んで欲しい。


ここで気になるのはやはり『一体召喚しようが、二体召喚しようが、コストもペナルティもない。』という部分でしょう!
つまり召喚の際のMAG消費が無くなって自由に仲魔を出し入れ出来るようになるということですよね。
戦闘以外の捜査の際にもコスト掛からなくなるのかな?
裏を返せばそうしなくてはならない状況が出てくるということです。
現在超力ライドウの超モードをやっている者としては、これは非常に羨ましいシステムですね。

もしMP=MAGとなると考えると、戦闘以外でのスキル使用でもMPではなくMAGを使うんですよね?
私はマグ=召喚士が悪魔に与えるもの的なイメージを持っていたのでなんか変な感じがしますw
前述の場合召喚の際にMAGコストは無くなりますが、
説明としては(描写はしなくとも)ライドウはマグを使って仲魔を召還しているのでしょうから、
MAG=エネルギーと考えれば、召喚するのもスキル使うのも一緒くたにMAGを使用するというのは
腑に落ちるような気がします。

今回の更新は以上です。
あと前の記事のファミ通フラゲの記事を補足しておきます。
(ファミ通を自分でも購入したので細かいところを見て気づいた&気になった点を書きます。)


寒村での拠点となる温泉宿の一室の画像について。
部屋にいるのは鳴海とタヱちゃんでした。
服変わったからタヱちゃんって分からなかったよ。
またそこで出てくるメニュー項目に「話をする」や「捜査を記録」(セーブのこと)以外に、
「仮眠をとる」「別件依頼」というものがありました。
これは超力ライドウに無かった項目です。

仮眠をとるはパーティ全回復だったりするんですかね?
ヴィクトルは外出できないから回復方法がどうなるのか謎ですし、
回復がタダになるのもあり得ないことではないかもしれません。
(個人的には1HP、1MPごとの量り売りな回復も好きですけど)
回復じゃないとしたら何だろう。想像つかないな。

別件依頼も気になりますよね。
もし本件=本筋のストーリーとするとしたら、別件=クエスト?
これもあり得ないことではないなあ。

以上、謎振りまいただけで丸投げな考察でした。
発売二ヵ月前ですから更新の間が空くのは良く分かりますが、
システムや引き継ぎ(特に!)はさっさと公開してほしいものです。
引き継ぎできるなら前作やり込まなきゃいけないしね。
もちろん真3マニアクスクロニクルの方の詳細も早いところお願いしたいです。
真3はガチRPGなので仕込むのにも時間かかるし。

焦らしてないで早いとこお願いします。


てか、このブログライドウ宣伝しすぎだろw
ま、好きでやってるんで良いですけどねー。

テーマ : 女神転生・ペルソナ - ジャンル : ゲーム

03:33  |  ゲームのニュース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ringwandering255.blog21.fc2.com/tb.php/101-53a0af9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。