2017年06月/ 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11/16 (Sun)

【第四章】そういやレーザー系使ったことねえな アバドン王壱周目12【後篇(2)】

やや、こんばんは。羽根付き帽子です。
今回も第四章後編。ただしその弐。
1つの章を4つに分けた場合、記事名をどう名づければいいのかと悩み中。
2つなら前・後篇。3つなら前・中・後篇。
じゃあ4つは?
今更、甲・乙・丙・丁とつけるか?
うーん、代案が思い浮かばないし4つ以上に分けるときはそうしようかと思います。


そういえば、例の「ケータイで画像がうまく表示されない」の理由が分かったような気がします。
前は無かったんですが、最近FC2ブログケータイ版の下部に絵文字付きの広告が入るようになったんですよね。
しかもケータイの機種依存じゃないもので、デコメみたいなオリジナルで動くものなんです。
恐らくそれで容量が食われて、記事の画像がうまく表示できてないんじゃないか?
というのが羽根付き帽子の立てた仮説でございます。
ある種言い訳かもしれないですねw
応急処置としてテンプレートを変えてみました。
(前は画像をクリックしなくても文章中で画像が見れましたが、
今回のは「画像」と書いてあるのをクリックしないと見れないようになってます。)

前置きが長くなりました。
「アバドン王壱周目」報告開始です。


【More・・・】

前回、帝都の石神町に突如現れた巨大な塔。
それは帝都を大震災から守っている楔だったのだ!!
それが地上に現れてる=帝都の危機ということで、
楔自身でもある石神町の守り神に頼まれて、楔の根元に巣食った魔人退治を依頼されました。
今回は塔を折り返し、最深部の要石を目指します。


降りの道には「神風」を使うポイントが沢山あるので、疾風族を用意すること。
その辺にうろついているドミニオンでおkです。
ハズレの道やアイテム回収の道を選ぶたびに同じところを歩く羽目になりますが、そこまで複雑では無いです。エンカウントが少々気になるくらい?

微妙に出現悪魔が昇りの時と違います。
大っ嫌いなヨモツイクサが出現。
鷹円弾も相変わらず貫通攻撃。
でも今回は仲魔を庇いやすいので前作ほど凶悪じゃないですね。
ライドウ自身の心配をしてれば良いです。
ドゥンは37レベル、ヌエは36レベル、ジョロウグモは34レベルなので、
ライドウのレベルによってはギリギリ仲魔に出来ないかも。
初見の悪魔と出会ったら、一度倒してレベルを確認してから交渉をしましょう。

第八層でイベント。
ネコマタ2匹と戦闘。制限時間は一分。
前作と同じく電撃が弱点です。
片方を倒しても延々出てきます。
どうやら二体同時に撃破しなければいけないらしい。
(二体同時=新しいネコマタが出てこないうちにフィールド上のネコマタ倒すこと。)
多分合体技で倒すのが一番楽だと思います。
合体技が無いなら、マハ・ジオやレーザー系で一網打尽にする。
私は一回失敗しましたが、経験値もアイテムも貰えました。
もう一回やり直さないといけないだけで、別にペナルティは無いようです。

第四層でまたイベント。
オキクムシ×4と戦闘。時間制限は1分。
火炎弱点なので苦労しないと思います。
ひたすら焼いたり斬ったりしてれば大丈夫。
プリンパやムドに注意しましょう。

第三層の落とし穴から連続落下。
流石にここは十四代目の腰を心配しますww
疾風族でも連れてればゆっくり着地させてくれるんだろうかww

一気に下って来た中核層。
一面が炎の海で、歩くたびにダメージを受けます。
ここは銀氷族の「冷却」でダメージゾーンを回避可能。
今作で存在意義が薄まった「冷却」はこうも使えるんですね。
(てか、町の人たちにまた発火&冷却使いたいなあ・・・)

第零層へ到達。
セーブポイントで準備してから奥へ行くとイベント。
クサビに巣食った魔人・ヤクビョウガミとの戦闘です。
御供はゾンビージュンサ×2

ヤクビョウガミの弱点が分からなかった。多分無いのだと思う。
ジュンサの弱点は衝撃なので、それでMAGを稼いでゴリ押し。
HPが半分になると天罰を使用してくるが、ガードしてれば問題無い。
雲に乗って頬杖をついたら突進の合図。
破れた唐傘を振り上げても雄渾撃の合図。
仲魔を隠し身にしてライドウは防御しましょう。
でかい敵と戦うときは、御供よりも本体のモーションを注意していた方がいいですね。

魔人撃破後は要石を元に戻すだけです。
外れ掛けていた要石を嵌めると、塔は地上に戻りました。
石神稲荷にお礼を言われる。とりあえず大震災の危機は脱したらしい。
鳴海からも褒められた。
うわぁ、気持ち悪い(ひどいww)
なんなんだろうこの人、偽者じゃないのかww

まあいいや、探偵社に戻って皆に報告。
タヱちゃんは塔が引っ込むところ見たかったと悔しがります。
タヱちゃんの問い「やっぱりこの世の中は運なのかしら?」
ニア「ちがう」
「運命なんて後出しジャンケンだ」ってどっかのお兄さんが言ってたし。
人間万事塞翁が馬な訳ですよ。

ライドウおやすみ。よい夢を。

確か槻賀多家での騒動が終わって五日って言ってましたね。
帝都に帰ってからも働き通しだったライドウ。
今日は早めにお休みになるようです。
お疲れ様です、良い夢を。

ということで第四章終了。
クリア時間は累計21時間弱ってとこかな?
結構迷ってたしね。
その時のレベルは35。
使ってた刀は小烏丸でした。
次回、ねんがんのアイs…じゃなかった第伍章を振り返ります。

テーマ : デビルサマナー葛葉ライドウシリーズ - ジャンル : ゲーム

01:11  |  葛葉ライドウ対アバドン王  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ringwandering255.blog21.fc2.com/tb.php/201-53590b7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。