2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11/20 (Thu)

【第伍章】大タラスク涙目 アバドン王壱周目15【丙】

こんばんは、羽根付き帽子です。
今回は第五章丙編を振り返ります。
とはいうものの、あるボスとの戦闘だけで一記事使ってます。


そういえば一昨日、PS2用のD端子ケーブルを買ってきました。
ものすごく画質向上しますね、コレ。
「アバドン王」で個人的に比較してみましたが、まずあらゆる輪郭線がはっきりするようになります。
あと色の発色も良くなりますね。
ポリゴンのギザギザは目立つようになりますが、元々のものなので仕方ないです。
とにかくお勧めです。安いし、設定簡単だし。

話が逸れましたね。本編進めますので一旦畳みます。

【More・・・】

前回は対アポリオン用の武器作成材料を持ってる奴の封印を解くために
印形の儀を行い五体のボスと闘いました。
今回はその材料をころしてでもうばいとって来ようと思います。


修験地獄は帝都の真ん中にあります。
水路からしか行けないので霞台でタラスクに乗って侵入。
そうそう、侵入前に刀を天破雷切にしておきました。
もちろん槍タイプ。

修験地獄第一階層。
地獄と言っても修験界となんら変わりない感じ。
一階層には敵が出ないみたいです。現場検証しても何も出ず。
只のエントランスですね。
中央の昇降装置に乗って第六六六階層へ。
どんだけ深いんだよww
(666階と言っても実際にそんだけ階層がある訳では無いのでしょう。比喩ですねw)

入るとすぐにイベント。
声が聞こえてきます。
「この修験地獄に好んで足を踏み入れる者…
どこの物好きかと見に来てみれば…ふふ、これは懐かしい。
黒き身体に憑いた葛葉の魂の再来とは…」


あれ?「再来」
ゴウト、ってか初代か。
前にも来たことあるんですか?

「お連れの方は…ライドウなのでしょう?黒き身体に憑いた葛葉の魂よ。
…ならば貴公の目論見も察しがつくというもの」

アマツミカボシ登場
なんだ。
ゴウトはアマツミカボシと面識あるのか。
アマツミカボシは説明してしまうと、真3のアマテラスを黒くしたような姿っすね。

「二度までも私の輝きの逆光となりますか。
禁忌を犯した葛葉の魂…業斗童子よ。」

「アマツミカボシぃ…!」

珍しいな。今作のゴウトが感情的になってる。
「二度も」って事はまだゴウトじゃない時に会ったことがあるのか?

「…さて業斗童子と共に来た、末代のライドウよ。
烏は狐を捨て駒とすることにいささかの罪悪感も無いようですね。」

ヤタガラスって意外とブラック組織だよな
そうなんですよ~。
前作でも酷い目に遭ったからなあ。斑駒的な意味で。
狐は捨て駒、その通りですね。

「責務がために冷酷な選択を課した烏と、すべてを知りながら貴公をここへ導いた
その黒猫に関わってしまったことが、すでに貴公の不運だったのです。」


おお?
「全てを知りながら」か!
やっぱりゴウトの過去か!!
wktk!

「貴公は常に信念のままに生き、己を大切にしている御方のようですね。
できれば、こういう形でお会いしたくはなかったのですが…」


なんという好印象w
もしかしなくてもこの発言、ルートの説明か?
「己を大事に」だとカオスっぽくね?

「この修験地獄に立ち入った、ご自身の行動を悔い嘆くのです。
そして私に狩られる、二匹目の狐となりなさい!」


二匹目の狐!!!
一匹目は初代か!?
これは熱いな!!

ということで伏ろわぬ神、アマツミカボシ戦。
戦闘前の台詞も印象深い。
「かつて、我が逆光とならんとした狐は私の描く星の軌跡の中で、仲魔もろとも焼き払われました。
末代のライドウにも…
ふふ、同じ末路をご案内して差し上げますよ!」


星かー。普通に考えてメテオ系か?
「焼き払われた」とか言ってるし、氷結弱点かな?
氷結・衝撃弱点でした。
今回は氷結メインで戦います。
使用する仲魔はナンディ(途中退場、マハ・ブフ要員)、
ドミニオン(ブフ・ラティ、ディアオーラ持ち)、パワー(タル・カジャ、通常攻撃要員)
です。

①羽根付き帽子的立ち回り方。
基本時に瞬間移動してるときは相手は放置。
仲魔もスキルの無駄撃ちを防ぐために隠し身にしておくこと。
アマツミカボシと見渡せる場所(個人的に真ん中がお勧め)で突っ立ってていいです。
(これは持っているスキルがダイン系以下の攻撃力の場合です。)
(レーザーや属性剣持ってるならゴリ押しで余裕なので。)


②注意するスキル。
あぶねー!
「封魔光線」こわあああああ
音があれだもん、前作の「宗像光線あなかしこ」だもん。
そうです、この御方「封魔光線」使うんですw
前作でスクナヒコナが使ってたアレ
「光線」ですからライン攻撃です。結構太い。
撃ってきそうなときは仲魔を隠し身にして、アマツミカボシの正面から離れること。
前転一回分くらいで丁度良いと思います。

ライドウは当たってもダメージ受けて倒れるだけですが、
仲間が受けると管の中に封印されてしまい、その戦闘中は召喚出来なくなります。
ちなみに封印状態はアイテムで回復することは不可能。
だから弱点を突くことのできる仲魔は小出しにした方が良いです。

敵の技全般に言えることですが、
敵の攻撃のエフェクトが終わった直後は攻撃判定が残っているので注意。
「封魔光線」がきちんと終わってから仲魔を解放してやりましょう。
少しタイミングが早いと、光線(もう消えてるのにw)に当たってしまい封印されてしまいます。
我が家のナンディも私の操作ミスでもれなく封印されましたw

全体攻撃の大技「怪星大発光」は直撃だと即死です。
仲魔は隠し身、ライドウはガードで十分耐えられます。
大技使った後はまた瞬間移動ばっかりするので、その間に傷薬でも使うと良いです。
今作では傷薬が99個持てる安心設計なので、ボス戦ではMAG節約の為にアイテム回復の方が良いと思います。

③基本的な行動パターン分析してみました。
(てかこの時のメモだけ異常に詳しいwテンション上がってたんだなあw)
アマツミカボシのウザいところは何といってもワープするところ。
ワープのパターンは三角形(△)にワープするのと、逆三角形(▽)にワープするものの二種類です。

三角形の瞬間移動のときは止まった時に魔封光線、逆三角の時は属性魔法を使用。
属性系攻撃する場所は決まってるようです。
画面の奥を北とした場合、北西が「地獄の業火」、北東が「テンペスト」、南が「大放電」。
テンペストは軌道がちょいと曲がるので注意!
特に逆三角形ワープの時ですが、
瞬間移動の音が途絶えたら、すぐそこから離れた方が良い。封魔光線の合図です。
封魔光線はライドウよりも、どちらかというと仲魔目掛けて撃ってくるようです。
避けるときは前転で!!

④攻撃のチャンス。
瞬間移動ばかりしているアマツミカボシが真ん中に出てきた時がチャンス。
前半はアマツミカボシは真ん中に来た時に無抵抗になります。
なので仲魔を隠し身から解放して、氷結系スキルの使用を命令します。
相手が硬直したら強攻撃1セットに、弱攻撃1~2セットで離れましょう。
(これはブフ・ラティで弱点を突いた場合の硬直時間なので、
絶対零度やブフダインで固めた時より短いかもしれないです。参考。)

⑤他の敵の攻撃について。
アマツミカボシが中央から離れるときに、「溶解大気」または「星の葬列」をカウンターしてきます。
(正確にはカウンターと言うよりパターンの一部と言った方が良いですね。)
「星の葬列」中央横一文字に降ってくるんで、上の方か下のほうに逃げましょう。
残り火はダメージゾーンなので引っ掛からないようにしましょう。
「星の葬列の残り火」が残ってる時に「魔封光線」が来る時があるので油断は禁物です。

「溶解大気」は大暴れと同じモーション。
直撃すると気絶して動けなくなります。
気絶している時に「星の葬列」が来たりします。
でもライドウは「星の葬列」来る前に気絶から立ち直るので多分大丈夫。
仲魔は回復遅いので、鎮心符で治してすぐに隠し身させましょう。

⑥後半(HP半分)に注意すること。
後半からは真ん中ポジションでも「封魔光線」を撃ってきます。
真ん中来たからフルボッコにしてやるぜ→封魔光線→アッーとならないように、
相手のモーションを注意深く観察しましょう。
封魔光線撃った後に星の葬列が来ます。

ダイン系、レーザー系、属性剣と、いずれも持っていませんでしたが問題無いです。
時間が少々かかるくらい。
初見で一番緊張した敵ですね。
やっぱり「あなかしこ」が頭をよぎるのでw
封印状態にされなければ、ただのすばしっこい子なので苦労はしますが苦戦はしないと思います。

やはり属性魔法はみんなが数種類持ってるようにしとくと良いな。
魔封されて弱点突けなくなる・・・なんて勘弁だし。
一つの属性魔法を複数の仲魔が持ってるように!
回復は言わずもがなですね。
撃破時のレベルは43。ドロップアイテムは錬気刀。

倒すと再びイベント。
アマツミカボシが「お聞かせ願いたい」ことがあるそうです。
「ライドウの輝きがあれば烏さえ意のままに出来る」と太鼓判を押すアマツミカボシ。
今のところそこまで反感抱いていないのでYES
「それなのに将来をヤタガラスに捧げるの?」だって
これも分岐ポイントに入りそう。
うーん、一人ではどうにもできないことがあるよね。
だから組織のヤタガラスは必要だと思う。
だからYES。
言われるがままってのは嫌だけど、カラスに対して今のところはそこまで反感抱いてないし。

やっとこさ「宿魂石」をGET
それと「戦いを通じて貴公の輝きに惹かれました。願わくはその輝きと共に在りたい。」だって。
かわいいやつめ!!
これで合体解禁かな?

第一階層へ戻ると大コウリュウが来てました。
陰陽デンデン太鼓を貰いました。どうやら大コウリュウでの飛行が可能になるようです。
「ぼうや、いいこだねんねしな」ですね?
すげえな、十四代目ww
ちなみに大コウリュウでの移動時BGMはソウルハッカーズOPのアレンジです。
ゴウトが「過去に我自身、とある事情で空を飛べたこともあったのだが
空を飛ぶことは変な気分ではあるが、なかなか便利だったぞ。」
と発言。
空ねww
カラスになってたもんなー。
やっぱり鳥目だから猫に戻ったのかね?

大コウリュウが使えるようになったことで、電車とタラスクがほぼお役御免にww
うーん、ちょっと便利すぎだよなw

外に出てそのまま筑土町業魔殿へ。
入ると刀作成イベント。「斬蝗陽滅刀」なる刀が完成しました。
これでアポリオンを叩っ斬れるようになった訳です。
次回、VSアポリオン
次で第伍章が終わります。

テーマ : デビルサマナー葛葉ライドウシリーズ - ジャンル : ゲーム

03:02  |  葛葉ライドウ対アバドン王  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ringwandering255.blog21.fc2.com/tb.php/204-cd4b4b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。