2017年05月/ 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.01/18 (Sun)

デビサマの人達ネットに張り付きすぎじゃね? 【デビルサバイバー:1日目・上】

ヴぁい!
(意訳:こんばんは、羽根付き帽子です!)


ということでデビサバ1日目上編です。
スタッフが「1戦闘5分」と言っていたのも頷けるほどテンポが良いですね。
思った以上に仲魔のコメントが可愛いので、
選択肢とともにメモっております。

では、一旦畳みます。

【More・・・】

【1日目:東京封鎖】
3人の頭上の数字は0。
どういうことなんだ、これw
ユズ:うん…私も見たよ。
…も、もう明るくなったから、動いてもいいんだよね!?

「大丈夫だ」
(たぶん。)
お、ナオヤからメール。
『余命日数表示機能について』だって。
10日以上は表示されない、リーダーのみ使用可能、0~9の1ケタで表示されるらしい。
あと今日のラプラスメール
①全日、山手線内停電継続
②全日、地下から有毒ガス発生の疑惑により地下鉄封鎖。
鉄道各線すべて運休。出口はなし。
③13時ごろ千代田区と文京区にて局地的な吹雪の発生。
雪男による殺人事件。被害者三名死亡。
だそうだ。
ま、行動すればこの通りにならなくて済むのだろう。


ユズ:そういえばケージ…。
前に私たちの頭の上に、数字が見えるって言ってたよね…。

「言ったよ」
(質問に質問で返すのは良くないのでこれで。)
アツロウ:つまり…今のオレたちの数値は、…0なんだろ?
「そうだよ」
(自分の数字も0だし、ここは正直に言ってみる)
(やっぱり数字が見えるってこと秘密にしといた方が良かったかなー、うーん。)
ユズ:それより早く帰ろ?
こんなのどうせウソだよ!早く家に帰ろ…!

「電車は止まってるはず」
ユズ:う…でも、でも!
行ってみなきゃ分かんないでしょ!
今度は外れるかもしれないじゃない!

「当たらなければ問題ない」
(そういうことです。今回はたぶん当たるけど。)
青山あたりで大破した車を発見。
ユズ:…ヒドイ状況ね。
たった一晩電気が止まっただけで、こんなことになっちゃうの?

「停電のせいじゃない」
あれ?アツロウはこれを悪魔のせいだって言ってる。
人のせいかと思ったww
宮益坂のあたりまで人がいるから、渋谷駅には近づけないって。
自衛隊員が駅を封鎖しているようだ。
全ての高架、踏切が通過禁止だそうだ。
山手線内から出られないそうです。

ユズ:有毒ガスって、本当かな?
これも悪魔のせいだったりしない…?

「そうかもね」
(だからといって毒ガスはやばいっす。近づけないしどうしようもない。)
アツロウは自衛隊のウソだと言ってます。
メールには『疑惑』としか書いてないからね。
バリケード張るのとか準備良いし。

アツロウ:クソっ…結局あのメールが当たってる事に変わりはないか。
このままじゃオレたち…!

「出口を探さないか?」よりも
「余命を変えてしまおう」の方がいいだろうな。
出口探してるうちに死にたくないしw
『当たらなければ問題ない』訳ですねww
ユズ:それって…今日、死んじゃうのを、回避できるって事…?
「同じ結果になることもある」けどもw
ここは「出来るはずだ」で。
『回避(することも)出来る』ですね?
アツロウは自衛隊にも気をつけろって言ってます。
ユズ:え…どうしてよ?
「COMPを持ってる」?
ああ、こっちが持ってるから、捕まると取り上げられる恐れがあるってことか。

街の人に聞き込み。
会社員から50マッカ貰った!!
カイドーさんとやらを目撃。渋谷ダイモンズの人らしい。

アツロウ:渋谷ダイモンズは、不良どものカリスマ的チームで、
カイドーは、そのリーダーなんだ。

「渋谷の裏道にも詳しいかな?」
カイドー:ん、何だオマエら。
「名乗る」
カイドー:…ああ、オレはカイドーだ。何か用かよ。
「抜け道を知りたい」
カイドー:…まぁ、この状況じゃ、どいつも同じようなもんさ。
他に用がねーなら、もう行くぜ。

「ナオヤを知らないか?」
カイドーさんすげえいい人!!
アツロウ:ケージ、どうだ?
カイドーの余命…見えたか?

「6だった」

どっちでもカイドーさんとのイベントは消えないみたいだけど、
アツロウかユズ、どちらかしか選べないようです。
ということでどちらも選ばすにカイドーさん直行で。


会話が終わるとメールを着信。
ナオヤから機能の追加を知らせるメール。
その新機能デビルオークションからのメール。


ユズ:悪魔オークション…!?
な、何なのこれ…!
どういう事!?

「悪魔が自ら売り込んでる」でいいのかな?
ユズ:でも…何だかショックだよ…。
アタシたち、何にも知らないで、生きてきたんだね…。

「使ってみようよ」
(レッツポジティブシンキーング!)
ユズ:もうヤダ…!何で戦わなきゃいけないのよ…。
「生き残るため」
逃げるに越したことはないですけど。
アツロウ:だけど、逃げられなかったときは…。
そん時は腹をくくるしかないだろうなぁ…。

「腹をくくる?」
(どっちの意味で言ってるんですか?)

デビオクを使ってみる。
カブソ落としたいなー。
ちょww入札希望者にフィネガン居るぞw
あとはユダ・シング、キャロルJとか。
170マッカで落札成功。フィネガンは151で落とそうとしてた。19マッカのロス。
カブソ:えっと、これでマッカ貰えるだか?
あれぇ、まんず色男だや…。
アンタも若けぇのに大変だねぇ?
「落札代金を支払う」
カブソ:おっ、こりゃありがとうごぜーます…。
へへへ、いや何、おっかぁがよ?仕送りしろってうるせぇもんで…。

あれ?デビオクイベント終わったらアツロウorユズのイベントが発生するらしい。

アツロウの場合
アツロウの両親はコンピュータ技師らしい。シリコンバレーで働いてるのだそうだ。
一人暮らし?な訳ないよな?
とりあえずいつも家に両親がいなかったらしい。
アツロウ:…というより、家に両親がいないし、友達とかみんな塾通いで遊べないし、
ネットの中でしか、友達できなくてさ。
「同世代の友達?」
(そうとは限らないのだけど一応。)

ユズの場合
ユズの両親は離婚していて今は母親と二人暮らし。
でも母親はすぐ怒ったりと、前よりイライラしてるらしい。
ユズ:だから、最近は…。
あんまり口もきかなくなっちゃってさ。
「前の方が良かった?」

今回は順番でアツロウにしてみた。
やっぱり片方しか選べないみたいです。
カイドーさんイベントの前に二人とのイベント起こすとどうなるんだろう?


30分経過したので再びデビオクへ。
ピクシーを落としてみる。
入札希望者はキャロルJ、マヨーネ、シックス。
シックス!?
145マッカで落とす。ロスは7マッカ。
ピクシー:あなたが落札者?
へぇ!若いのに、なかなかやるじゃん!
いい買い物したよー、キミ!
「落札代金を支払う」
ピクシー:OK!これでアタシはアナタの物だよ?
空気の読める男ってステキ!さぁて!行こっか!

今度はコボルトを落としてみる。
確か仲魔は部隊のリーダーに出来ないんだよな。
これでちょうどいい。
入札希望者はユダ・シング、キャロルJ、マヨーネ。
105マッカで落とす。
コボルト:オマエ、オレ、好キなンダナ?
ソれハ良カッタゾ、オレモおマエ好キ!
ショタイめンダケド、凄ク好キ!
(可愛いなあw)
「落札代金を支払う」
世ノ中ハ気合ト根性デいケル!
オレ、スゲー強クナルに決マッテる!
ダカラオマエ、得シタゾ!

時計マークのある表参道へ。
自衛隊が言っていた通り、山手線に沿ってバリケードが築かれてる。

「あきらめずに探そう」
(無いとは思うけどねー、調べるのも大切なので。)
ケイスケ君と遭遇。

ケイスケ君は数字が見えてるみたいです。
COMP持ち。彼はリーダーか。
そういう彼も数字は1だったけどね。
アツロウ:…アイツ、どうしたんだろう?
「彼との関係を詳しく聞く」
ん?アツロウは昔いじめられっ子だったのか?
アツロウ:ところで、ケージ。
ケイスケの余命ってどうだった?

「1だった」

デビオクでオークを落としてみる。
入札希望者はキャロルJ、フィネガン、マヨーネ。
いつも同じメンツだなあ。
190マッカで落とす。ロスは6マッカ。
購入したときのセリフは前のコボルトと同じ。

時計マーク、バトルマークのある新宿へ。
アツロウ:おい、ケージ!
今のナオヤさんじゃ…。

「たしかにナオヤだ」
アツロウ:おい、ケージ、
どうするよ?

「悪魔を倒してナオヤを追う」
(倒してる間に逃げられそうですがw)
vsモー・ショボー他
なんかマッカボーナス機能が付いた。
上手く倒すとボーナスが貰えるようだ。
途中でワイラが追加。
ま、何とか倒せました。

案の定ナオヤさんを見失う一行。
ユズ:それより、あの人には一言文句を言わないと、気がすまない!
こんな危険な目にあわせて…!

「それより出口を探そう」
(話聞いてねーww)
(でもなあ、文句言うのもあれだしなあ)
アツロウ:…なぁ、ケージ。
オレたちの余命って、0のままか?
ひょっとして増えてたり…?

「増えてないよ」
メールだ…。
「マッカボーナスかな?」
(さっき細かいことはメールでお知らせするって言ってたし)
スキルセットボーナスの追加。
アツロウ:戦いの最中に考える事が増えるな。
だけどこの2つを使いこなせば、今後が有利になりそうだぜ?

「マッカボーナスとは」
ボーナスを狙いすぎて危険な行動はしないように、だって。
→ユズ:ねぇ…ふと思ったんだけどさ。
このメールって一体、誰から来てるんだろう?

「分からない」
(ナオヤとは限らないからねえ)
→アツロウ:…ま、この事からも、悪魔召喚プログラムが、
第三者に使わせるためのものだって分かるワケだ。

「なるほどね」
(なるほどなー)
「スキルセットボーナスとは」
マッカボーナスと同じく、戦闘中の評価でMAGの貰える量が変わるらしい。
MAGを使うとケージたち人間が使っている魔法を仲魔に覚えさせることができるそうだ。
それは良いな!
※「もうバッチリ分かった」の選択肢は、
上二つのヘルプ?を読んだら表示されずにマップ画面へ戻ります。


新たな悪魔がデビオクに。
モー・ショボーを落としてみる。
入札希望者はマヨーネ、シックス、ユーイチ。
280マッカで落とした。
モー・ショボー:あら、アナタがワタクシの契約相手?
相応のものは用意していますわよね?
いいわ、お話を伺いましょう。
「落札代金を支払う」
モー・ショボー:はい、確かにお受取りいたしました。
ご主人様、がよろしいかしら?
それともお名前でお呼びしましょうか?
(口調が違う…だと…!?)

ワイラを落としてみる。
入札希望者はマヨーネとシックス。
130マッカで落とす。
ワイラ:ふむ…若いの、良い眼をしておるな。
お主となら契約してもよかろう。
「落札代金を支払う」
ワイラ:さて、ワシはワイラ。
この命、お主に預けようかのぅ。
(ケモノ口調じゃないんだな)

ビルヴィスを落としてみる。
落札希望者はユダ・シング、キャロルJ、マヨーネ。
190マッカで落とした。ロスは4マッカ。
ビルヴィス:んだ、オメーがオレを落札したんか?
へへっ、まぁ良いや、オラ、マッカ出せよ。
「落札代金を支払う」
ビルヴィス:ほぉ…払いが良いじゃねぇか。
気に入ったぜ!
今後ともヨロシクよ!

次に時計マークと人物マークのある表参道へ。
ジンって人と会う。

ユズ:あはは…!
お仕事大変そうですね!
あ、えっと…。

「この人は誰?」
どうしますか?
「ユズの彼氏です」とは言いませんw
ここは「竹田啓司です」で。
アツロウ:…なぁ、ケージ…。
今の、ジンさんの余命ってどうだった?

「6だった」
ユズ:そっか…余命の表示がない人とかは、すぐに死なない可能性が高いもんね。
何かヒントになるかもしれないね。

「そうだな!」
(ヒントくらいにはなるかも?)

人物マークと時計マークのある六本木へ。
ハルという女性。

ちょwwwおっぱいがww零れるww
・・・てか見えてね?
アツロウ:ハル、か…。
オレもファンになりそうだぜ!

「オレもファンになりそう」
(ここは合わせておく)
ユズ:うん、絶対に生き残ろうね!
…ケージ、どうしたの?

「0だったよ」
そうなんです。おっぱいに見とれてましたが余命0だったんです。

ここで12:30くらい。
時計マークのある池袋へ。

ユズ:私たち、このままメールの通りに死んじゃうのかな…。
「まだ東側がある」
(おそらく封鎖は解けないだろうし)

メールが来ました。
ナオヤとシステムから。
スキルクラックの機能が追加されたようです。

アツロウ:オレたちを助けてくれる気なら、
最初からこんな封鎖に巻き込まれないようにしてくれたら良かったんだ…。

「何かを隠してる」
(そんで何かをさせたいんだろう)
アツロウ:ナオヤさんって、悪魔についてどこまで知ってるんだろう?
「ナオヤに直接聞こう」

フリーバトルでケージがザン、ブフ、アムリタをクラック。
ビルヴィスにアギをコピー。
アツロウが同族の心得・防、一分の活泉をクラック。
ユズが英霊の加護をクラック。

時計マーク、バトルマークのある水道橋へ。
ユズ:ねぇ、ケージ!
乗り物はどれが好き?

「観覧車」
(高すぎるとこは嫌ですけどジェットコースターよりはましです)
あ、ここ文京区か。
確かここで3人が死ぬ予定なんだよな。

ユズ:そういえば、もうそんな時間か…。
雪男戦前。主人公かっこいいw
「メールの事件を思い出せ!」
(そうゆうことです)
なんだよw雪男ってウェンディゴかよww
アツロウ:クソっ…やっぱり死んじまうのかよ!?
運命なんて変えられねーのかよ!

「生きるために戦おう!」

ケージのパーティーにはカブソとアギ持ちビルヴィスを入れ、
ウェンディゴを倒させる。氷の乱舞をクラック。
ウェンディゴを倒した後、残っているピクシーがビビる。
なんと言いますか?
「次はオマエの番だ、と脅す」
(脅してみる)
あ!逃げやがった!
後は適当に倒す。

アツロウ:そうだ…!
なあ、ケージ!オレたちの余命ってどうなった?

「2になったよ」
アツロウ:それまでに、出口を探して、
山手線から出ちゃえばいいんだよな?

「急いで出口を見つけよう!」
(無いと思うけど)
アツロウ:COMPはバッテリーで動いてる。
でも今、街は停電したままだ…。

「充電できないね」
ユズ:ど…どうしよう、ねぇケージ!
「手動式充電器を探そう」
(おー、良い指示だ)

テーマ : 女神異聞録デビルサバイバー - ジャンル : ゲーム

20:47  |  女神異聞録デビルサバイバー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ringwandering255.blog21.fc2.com/tb.php/229-887de66d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。