2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.03/25 (Wed)

メール打ってるとこを見てみたい 【デビルサバイバー:7日目ナオヤルート後編】

20000hitありがとうございます!
こんばんは。羽根付き帽子です。
一週間ぶりですね。

まだセブンスドラゴンはクリアしてません。
ドラゴンの残数にうんざりしながらちまちまプレイしてます。
今週末にはクリアできるかな?

ということで、後編を書かないまま放置していたデビルサバイバー:ナオヤルート後編でございます。
完全にルート分岐しているものの、選んだ選択肢をメモっております。
攻略の参考にはならないと思いますw
続きからどうぞ。

【More・・・】

前回、アマネに住み着いてるイザ・ベルを倒したり
バ・ベルを呼び出すために四天王をボコボコにしているうちに、
東京内電子レンジ化のタイムリミットが迫ってきちゃったんで、
今回は政府の人に延ばしてくれませんかね?と“お願い”しに行くとことから。


イヅナと伏見。
イヅナ:…!君たち…。
「交渉しに来た」
伏見:…待たせたな、話とは何だ?
「実はですね」
伏見:…人が悪魔の王になるだと?
そんなバカな話、信じられると思うか!!

「確かに信じられないよね」
ナオヤ:何がおかしい?
俺は真実を告げたのみだ。至極、まっとうな交渉だろう。

「交渉というより命令だ」
ナオヤ:…理解が早くて助かる。
「六本木へ急ごう」

六本木。ベル・ゼブブ戦。
蠅様でけぇwww
ベル・ゼブブ:お前が今までに得たベルの力、全て私がもらい受けます。
そしてベリトの元へと届けましょう。

「自分もベルなのに?」
(どうやら蠅様は閣下?に命じられてきたらしい。)
(ベリトを王にするのが役目なんだとさ。お疲れ様です。)
ベル・ゼブブ:クックククク…!
人のベルごときが、私にかなうと思っているのですかっ!

「人間をなめるなよ」
撃破後。
ナオヤ:奴を倒した今、啓司の中に眠るベルの力はより強くなった事だろう。
「そんな気がする」
ナオヤ:…今回の封鎖でなくとも、試練は必ず訪れたさ。
神とは…そういう存在だ。

「神に恨みでも?」
ナオヤ:アツロウの言う通り、その力も相当なものだろう。
「勝てるかな?」
ナオヤ:この条件で勝てないようでは、奴に勝つ方法など無いという事だ。
「勝つに決まってる」

六本木ヒルズ。
アツロウ:はぁ~、コイツを徒歩で登るのか。
明日は筋肉痛決定だぜ…。

「だらしないな」
サリエル:…竹田啓司よ、答えよ。
神に仕え、光り輝ける王となるか?
神に挑み、永劫の闇に沈むか…。

「闇で結構だ」
(ここらへんで本格的に直哉が主人公のことを『弟』呼ばわりし始めます)
(弟は渡さないんだからっ!!って感じです。必死ですw)
アナエル:魂の記憶を失い、本当に人に成り下がったのですか?
「魂の記憶?」
サリエル:ア・ベルよ、目を覚ませ。
今なら、まだ間に合う。
神の代行者として、我らに従うのだ!

「目なら覚めてる」
撃破後。
カイドー:クソ天使どもめ…、ムダな時間使わせやがって。
「済んだ話だ」
ナオヤ:神に怯えるな、神に媚びる事もない。
我々の世界は、我々が創り上げればいい。
神など、不要の存在だ。

「問題ないよな?」
ナオヤ:…啓司は魔王になる事が出来る。
奴らは、その力を欲したのだ。

「どうして?」
ナオヤ:クックック…その通りだ。
薄汚く、身勝手で、救いようのないクズ。
それが、神の正体だ…。

「ところでア・ベルって何?」
(はぐらかされまくりんぐ。)

六本木、教祖。
レベル上げまくりましたw
ナオヤ:さて…最上階へ登るか?
一度上に向かえば、降りる時間はないぞ。

「出発しよう」
ナオヤ:現代社会は便利さに溺れすぎた。
これらを奪われた時、現代人はどうなるか…。

「耐えられない」
アツロウ:…って、何だコレ。
ヒルズの最上階って、こんなトコだったのか?

「何か変だな」
教祖様、ベル・ベリトに体も魂もささげる。
教祖スゲー。自分の命引き換えかー。
ベリト:先ほどのゴミも、我が真に力を貸すと、思いこんでおったわ。
クックックック…!

「貸さないの?」
教祖様可哀そう。
てか、まっとうな(?)人だったんですね。
崇めた奴が悪かったですね。ご愁傷様です。
ベリト:我を崇め、我に怯えよ!
新しき世界が始まるのだ!

「断る」
ベリト撃破www弱いwwww
で、主人公の魔が40でカンスト。

バ・ベル召喚。
ナオヤ:さて…いよいよバ・ベルを喚ぶぞ。
準備はいいな?

「バ・ベルを喚び出す」
仲間の一人一人が励ましてくれます。
カイドー、マリ、アツロウマジ良い人。
で、個人的に作中1の名言。
超兄貴宣言
俺を超える兄はいないwww

バ・ベル戦。
っか、顔キターwwwww
本当にラスボスが顔ってパターン多いっすね。
まあ、飛翔女神さんたちやノルンとか、万魔の乱舞あればヨユーでした。
てことで塔が一皮むけて本体出現。
今回はベアードじゃないみたいです。
どっちかと言うと魔剣(マキーナ)の中身みたいな目。
ベル・デルとベル・イアルを同時に相手に。
えー、二体ずつなのかー?!
と心配してましたが次からはイザ・ベル、ベル・ゼブブ、ベル・ベリトと1体ずつでした。
てか、魔40の万魔は恐ろしく強いですねw
バ・ベル最終戦。
MP切れが心配になる。
こいつには万魔よりもデスバウンドの方が効くようだ。
でも倒せた。

ベルの王になった後。
目が死んでる猫耳魔王
主人公の顔がwwwww
なんか悪い顔になってるwwww

アツロウ:おめでとう、ケージ。
…本当は、ここにユズがいたら、もっと喜べたんだけどさ。

「ありがとう」
ナオヤ:さて…魔王となった今、お前にはすべき事がある。
…覚悟は、出来ているな?

「当然だ」
(あれ?何するんだっけ?)
ナオヤ:啓司が魔王となった事を『宣言』すれば、それで全て解決する。
「どういう意味?」
(どうやら主人公はもう人ではないらしいです。)
(人修羅というより、完全な悪魔なんでしょう。この場合。)

EDの文章。
『全てのベルたちが倒され、
「ベルの王」はついに生まれた。
東京中の悪魔を無言でひざまずかせる、
一人の少年の音訪れに、
政府は封鎖の無意味さを理解し、
これを解除した…。
…やがて。
東京に端を発した異変は、
たちまち全国に、そして世界に広まり、
数え切れぬ程の悪魔が、
ア・ベルの傘下に軍勢を成した。
ほどなくして、
戦いの火蓋は切られる。
神魔の壮絶な戦いを前に、
人間は戦いの巻き添えとならぬよう、
国を越えて協力し、
必死に手を取り合うだろう。
天使にも悪魔にも敵とみなされぬよう、
「人らしく」生きること…。
皮肉にも、人間はこの受難の中で、
初めて分をわきまえた生き方を願うのだ。

…開戦を目の前にしたある日。
既に意味を失って久しいCOMPに、
1通のメールが着信した…。

汝…人の子にして、
万魔の王になりし者よ。
原初より継がれたる神の秩序をふり捨て、
己が欲するまま、
新たなる秩序に塗り替えんと欲する、
愚かなる者よ…。
汝の選び取りしは、神への反旗。
今や我と汝は、互いに仇敵たり。
真に人を守らんと欲すれば、
己が背負いし定めの重さと、
戦い抜くが良い。
運命が残るべき者を決める、
その日まで…。』


ということでクリア。
Mってメタ天使かw
あの人メール打てんのかw

メタトロンがメル友かー、羨ましいな。なんかww

ということで人間的にはバッドに近い終わり方ですね。
思った異常にバッド臭くて笑ってしまったw
そこまで好みではないエンドですね。
次はアマネルートに行ってみようと思います。
両極端だ・・・

テーマ : 女神異聞録デビルサバイバー - ジャンル : ゲーム

20:03  |  女神異聞録デビルサバイバー  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ringwandering255.blog21.fc2.com/tb.php/260-44828b5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。