2017年07月/ 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.10/02 (Fri)

【TGS2009】ニーア・ゲシュタルト試遊してきました

こんにちは。羽根付き帽子です。
東京ゲームショウもとっくに終わり、今更感はあるもののリポートは継続です。
書いておかないと忘れちゃうからな!
今年は運良くたくさんの試遊ができたので、今週いっぱいはTGSの記事多めで行きます。
今回はスクウェア・エニックスで(キャビア制作の)ニーア・ゲシュタルトのリポートです。




◆簡単なあらすじ(Xbox.com から引用。)
遠い未来。人類が滅び行く黄昏の時代。
男には娘が居た。目に入れても痛くない程に愛していた。
貧しくとも、二人でつつましく生きて行ければそれでいい。そう思っていた。
娘が不治の病「黒文病」に倒れるまでは。

父は決意する。
どんな事があっても娘を救うと。
どんなに過酷な試練であろうとも、娘の笑顔を取り戻すと。

漆黒の化け物が徘徊する世界で、血塗られた戦いが始まろうとしていた。

スクウェア・エニックス × キャビアによる完全新作アクション RPG が Xbox 360で登場!!


◆ブース周りの様子(ビジネスデイ)
TGS2009:ビジネスデイのマイクロソフトブース外観
マイクロソフトブースで試遊しました。
・ブースの数は確か4台。
・並んでいたのは2~3人。
・5分くらい待てばできました。
・試遊できる順番が近づくとコンパニオンのお姉さんが手の甲にスタンプを押しに来る。
このスタンプのインクは目に見えないもので、ブラックライトを照らすと光って浮かび上がってくるタイプのものです。
(最初押されたときに「インク付いてませんけど?」という顔をしてたらお姉さんが教えてくれましたw)
・このスタンプがビジネスデイなら2個で、一般日なら1つでバッジが1つ貰えました。
さらにスタンプが1つ貰えるともう一つバッジを貰えました。
TGS2009:マイクロソフトブースで貰えたバッジ

◆試遊した内容
TGS2009:ビジネスデイのニーア・ゲシュタルトブース
・内容としては雑魚敵と大きな騎士を倒せばクリア(試遊終わり)でした。
・オープニングとかは無しに、戦闘からスタート。
・神殿とか古城っぽい部屋の奥に女の子が倒れている。
・ニーアが駆け寄ろうとするけど、変な結界と大きな丸っこい騎士、小さい敵たくさんに阻まれて近づけない。
・読みとれるのは白い服着た女の子が、主人公ニーアにとって大切な存在(恐らく娘)であるということくらいです。

・小さい敵はニーアよりも小さくて、黒っぽい部分ときらきらした部分のある体をしてました。
顔とかよくわかりませんでした。
ニーアが切りつけるとおびただしい血が出て、キーキーと断末魔をあげてました。
・大きい敵は丸っこい鎧を身につけていました。
大きい目があって、ハルバードみたいな薙ぎ払うタイプの槍を持ってました。
それと大きな盾を持っていたので、攻撃を当てるなら後ろに回り込む必要がありました。

◆感想
・戦闘では攻撃対象ターゲット機能がありませんでした。
・カメラ操作はカメラリセット機能もあったのでとても快適でした。
ジャンプや回避行動の出が早く、操作性はかなり良いと思います。
ジャンプ高度や回避距離も長いので、これらを使うように意識すれば苦戦はしないと思います。
相手の後ろを取るのも楽でした。
攻撃方法がとても多彩で、各々の個性が出そうです。
武器は斧、剣、槍の3タイプ。
それぞれのタイプの武器に3種類武器があって、計9種類から自由に選べました。
(説明が下手なのですが、剣の中には洋剣と小刀が入ってました)
(あと斧には大剣も入っていました)
・重い武器は振りが遅いけど攻撃力が高くて、軽い武器は振りは早いけど攻撃も軽めなのだそうです。
自分は速さ重視で剣タイプの中の小刀(名前忘れた。漢字だった。)にしました!
・騎士が瀕死になると敵の行動は止まり、騎士に重なるようにゲージが出ます。
(ゲージは時計型。時計の針は残り時間を表して、文字盤も一つのゲージだった。)
ゲージ(時計)の針が一周するまで、敵を攻撃し続けると文字盤の色が変わっていきます。
全部の文字盤の色が変わったら主人公が大技を出して、大ダメージを与えたり止めを刺すみたいでした。
操作の楽しさ、心地よさが他に体験したものと比べても頭一つ抜けて良かったです。
・ドラッグオンドラグーンはプレイしたことは無いので動画では見ただけですが、やはり似てる気がします。

グラフィックはとても綺麗でした。
FFと比べても全然見劣りしません。
血だの何だのが飛び散る感じのゲームなので「華麗な」とは違う気がしますがw
おぞましい感じが出てたと思います。
出血が多いですね。
鮮血というより少し濁った赤黒い色でした。
大きな丸騎士に必殺技を叩きこんだときも血がドバッと出てたし。
敵もステージが鉄や石造りだったので、血が飛び散ってもそこまでグロい印象は受けませんでした。
(私の感覚がずれてしまっている可能性大)
DOD1みたいに敵を斬ると血だまりが出来てました。
・大技や魔法で出てくる黒い槍の表現が背景のCGとは違う書き方をしていてとても目を引きます。
異質な力なのだとみて分かる感じ。

◆スクエニブースでのニーア・レプリカントのムービーと比較


両性具有の女性(?)はゲシュタルト・レプリカント共通な様子。
白い少女も共通。
ゲシュタルトでは娘で、レプリカントでは妹のようです。
・主人公は白髪なのも共通。
レプリカントのニーアはまあいいとして、
ゲシュタルトのニーアは白髪だと老けて見えますね。
脂の乗った親父というよりも、いぶし銀のおじさんといった感じ。
・丸っこい騎士、黒っぽい身体できらきら光る雑魚敵も共通。
・仮面の部族、鎖に巻かれた人形みたいな敵、サソリのような尻尾と、胸にいぼいぼを沢山持った敵も共通。

ここまで一緒だと主人公が違うだけなんじゃねーかと思います。
ポケモンなどのように両方買う必要は無さそうに見えます。
おっさんはおっさんの、青年は青年のかっこよさがあっていい感じだと思います。
血も出るし。
個人的にはもし買うならレプリカントかなー?
(PS3のコントローラーが好きなのでw)

以上っす。次は…フロントミッション・エボルヴかな?

テーマ : 東京ゲームショウ2009 - ジャンル : ゲーム

13:39  |  ゲームの話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ringwandering255.blog21.fc2.com/tb.php/292-98148097
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。