2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.04/23 (Fri)

Portal: Still Alive をクリアしたよ (ネタバレなし)

俺はタレットたん派(キリッ>

2010/04/23 Portal タイトル画面

ここ最近、Xbox Live ArcadeでダウンロードしたPortal: Still Alive で遊んでました。
Portalは、ValveSoftwareが製作したFPSパズルゲームです。
FPSとパズルゲームってどういうこっちゃ?という人はこのPVを見てみてくれ。
英語版だけど、イラストだけでもなんとなくわかると思う。



一応、日本語訳(ニコニコの同じ動画から引用してきたもの)おいておきます。
Aperture Science 習熟センターへようこそ。
あなたがテスト関係者として直面するいくつかのチャレンジをご覧に入れましょう。
あなたにとって必要なのは出口へ移動するというシンプルな作業です。
これらのシンプルな作業は乗り越えられない障害を有しています。
Aperture Science 携帯ポータルデバイスは不可能を…
…可能に近づけます。
実例をご覧下さい。

物によってはあなたがテストを成功させるために重要なものも存在します。
最初の一回で成功しなければ、失敗、テストは終了となります。
行き詰まったら、私たちのモットーを思い出してください。
ポータルの空洞:そこを通過すれば飛ばせます。

習熟センターでは、あなたが高いモチベーションを持ってテストへ望めるよう、
最も危険や痛みを伴う状態を維持させます。
ですのでこのテストをあなたが通過できない場合、さようなら、ということになります。

次のテストは不可能です。
さぁ、ポータルについて考えてみましょう。


そもそも、なぜPortalをやってみようかと思ったかというと、
ニコニコで『【2ch】みんなで決めるゲームソングBEST100(+α)』を見てて、
ランクインしてたPortalのED曲があまりに、あまりにいい曲で、
聞いていて心地よくなるほどだったので興味を持ったのがはじまり。
そのあと兄にPortalって知ってる?と聞いたら、
体験版あるぜと言われたのでやってみたらハマった。

EDを先に聞いちゃっていいのかよ?!と思うだろう。
(英語の歌詞だったのだが、日本語訳コメントがあったのでガッツり見てしまっていたし。)
でも、PortalのEDの歌詞の意味はクリアしてみないと分からないようになってるから大丈夫だった。
ある程度展開に予想?(見当はずれなもの含む)もついたのだけど、
本編はもっと上の展開を行くので十分に楽しめた。

EDの映像付きのものは観ない方がいいと思うが、
曲だけのものならそこまではネタバレにならないので見ても支障はないと思う。
(ニコニコ動画だとコメントでネタバレされる場合もあるので、責任は持てないですが。)

ちょっと興味を持った人は続きからどうぞ。
ストーリーとか難易度とか適当に話してますんで。

【More・・・】


PortalにはPC版箱○版(オレンジボックス版、ポータル単体版、アーケード版)があって、
自分が遊んだのは箱丸のアーケード版(1200ゲイツ)。
PC版、オレンジボックス日本語版は、劇中の字幕が日本語に翻訳されている。
ポータル単体版はわからんけど、アーケード版は字幕は英語のみ。
ちなみにどのバーションでも音声は英語のみです。

2010/04/23 Portal こうすれば自分の姿も見られる
ストーリーとしては、
目覚めたらどっかの実験施設にいたプレイヤーは、天の声から出題される実験課題に挑戦することになる。
『ポータルガンで壁や床に撃つと2種類のポータル(ワープ穴)を設置できる。』
『設置されたポータル同士は空間的に繋がる。』ということを駆使しながら、
天の声や実験施設の謎を解いていくというもの。

ストーリーはあってないようなものです。
もし英語がわからない人がプレイしてもクリア出来るし、
劇中の演出によって真実に迫ることが出来るようになってます。

自分も、リスニング能力がダメダメなので天の声が何言ってるかわかってませんでしたが
アーケード版をクリアすることができました。
あとでニコニコで日本語版やってる攻略動画見ればおk。

難易度は…
パズルとしてはよく出来ていて、結構難しいかもしれません。
アクション要素もあるので、そこで躓く人もいるかも知れません。
でも、何度死んでもやり直し出来るし、オートセーブを2~3つ取っておいてくれるので、
万が一ハマってしまった時も安心
なように作られています。
それぞれの実験課題には時間制限は設けられていないので、何度でも分かるまでやり直しが出来ます。
死んだからなにかペナルティが課される訳でもありません。
安心してプレイできます。

2010/04/23 Portal 無限落下だって可能
プレイヤーに出来ることはポータルを開けたり、オブジェクトを持ったりする程度。
出来ることがシンプルであるが故にややこしいのですが、課題にはヒントも散りばめられています。
例えばアイコンやパネル。
施設の中にはアイコンが書かれたパネルが至る所に掲げられています。
↓こんなの。
2010/04/23 Portal パネルの例

アイコンの意味は直感的にわかるようになってます。
(左は箱が当たっている=箱に当たると死ぬ)
(真ん中は何かのボールが人に直撃している=ボールに当たると死ぬ)
(右は何かの機器にボールが入っていく様子)
猿にもわかるようにとの、天の声の配慮ですねw
このパネルのお陰で、仕掛けのどこに注目し注意すればいいのかや
課題にどんな危険が潜んでいるのかが分かるようになっています。

あとは、メタなヒントですが
『オートセーブされた=正解である』という法則があるので、
とりあえず何か起こしてみて、ハードが反応したら正解なのだと考えておkです。

チュートリアルが懇切丁寧なので、最初は困惑しても慣れると思います。

とにかくオススメ。
箱○ユーザーはやるべき。
FPSアレルギーな人も楽しめる要素が詰まってます。

(3D酔いする人は分からないかも。PV見て大丈夫なら行けるんじゃないかな。)
アーケード版は無料体験版も配信されてるので、やってみて面白いなら購入でいいと思う。

覚えるべきことは、

オレンジポータルとブルーポータルは空間的に繋がるということ。
物体にかかった物理的な力もそのままポータルを越えて持っていくことが出来るということ。
死んでもやり直せばいいってこと。
パネルをよく見て、オートセーブにも注意すること。>

そして、
解法は自分で見つけ出すこと

これだけですね。
メチャクチャ面白いです。
クリア後にはぜひ、ケーキでも食べて打ち上げしてくださいw

テーマ : Xbox360 - ジャンル : ゲーム

02:48  |  ゲームの話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ringwandering255.blog21.fc2.com/tb.php/311-2ac29b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。