2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.05/19 (Mon)

土曜日の話

これは土曜日の日記です。ブログ=日記で昨日の話をしてしまうのはかなり反則臭いですけど。
それにしても長文です。気を付けてください(何を?)

一昨日は学校に行ってました。そしてかねてからの計画を実行しました。
それは日経新聞を買うこと。
かなり拍子抜けする人も多いでしょうが、私にとってはちょっとした冒険でした。
私、羽根帽子は店で新聞を買ったことがないのです。日経新聞もあまり読んだことがないのです。
なぜ突然新聞かというと先生方や兄から「就職に役に立つし社会勉強になるから、日経新聞と雑誌を読め!」と前々から言われていたからなんです。

買う場所は駅の通学途中でと決まっていました。日経一部の値段は140円であるということも、新聞というのはくるくる筒の様に丸まって塔のように積まれているということもリサーチ済みです。
これは勝つる!!と思いお金を握りしめいざ店先へ。
しかし新聞の取り方がよくわからない!
売店の新聞って5部くらいまとめて丸めてあり、それが交互に刺さってますよね?私はどこをどう勘違いしたのか、そのひとまとまりが一部だと思ったんですよね。当たり前ですが引っ張ってもなかなか抜けません。
焦りましたwパニくりましたw10秒くらい店先でおばちゃんに怪訝な顔をされながら突っ立っていました。救いだったのは後ろに誰も並んでいなかったので、迷惑にならなかったことですね。
私はやっといちばん上を引っ張ればいいんだ!と気づいて真っ赤な顔をしながらおばさんに新聞を手渡しました。
おばさんの笑顔はヤバいwマジほっとします。もうやり遂げた感が心に広がって頭の中には
「しんぶん を てにいれた!」っていうウィンドウが見えましたねマジで。

ここまでで気づいた方もいるでしょうが、筆者である羽根付き帽子はかなりの世間知らずです。端的に言うと馬鹿です。⑨です。
中学に上がるまで靴ひもを蝶結びに結ぶことができなかったし、高校一年にしてバスの乗り方を覚え、やっと最近になって駅というものにも慣れました。
こう書いているとあまりにも⑨なので「自分はどこか本当におかしいんじゃないか」とも思いますが、たぶん健康なほぼ普通の学生です。
親に何もかもをしてもらったという訳ではないのですが、社会経験が圧倒的に足りないのです。だからこそブログを始めて「毎日きまった作業をする」という練習をしてるわけなんですね。(早くも更新ペースはガタガタですが)

一方の雑誌は何か一つのものを継続して読めと言われました。とりあえず選ぶために月刊雑誌のクーリエジャポンと、週刊のニューズウィークを買ってきました。
読んでみましたがクーリエジャポンにしようと思います。ニューズウィークの「週420円」は個人的には痛すぎるので。
月刊の方が息切れせずに済みそうですからね。

先ほども書きましたが私はバイトをしていないのもあいまってお金がないのです。親に言えばくれるのでしょうが、悪い気がしてもらわないようにしています。
一日のお小遣いは500円。兄は1000円もらっていたし、母は私にも同じようにすると言っていましたが、私は私立学校の学生なので500円にしてもらいました。
週六日日経新聞を買うとなると残りは360円、できれば毎日100円は残したいので残りは260円。
これで毎日昼飯をどうにかしないといけないと自分ルールを課しているわけです。
おそらく毎日飲み物は家から持ち込みで、毎日学食のうどんか、おにぎりということになりそうですね。でも、自分ルールを守るのは嫌いじゃないし大丈夫そうです。
なんとか頑張って社会に出れるような人間になりたいですねぇ。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

00:21  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示
 (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ringwandering255.blog21.fc2.com/tb.php/8-7f331e57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。